本文へ移動

暑い夏を乗り切るために ―熱中症に注意―

 
奈良医院 院長
奈良正人

 7月1日は秋田県での鮎の解禁日です。夏本番という季節になりました。毎年この季節には、熱中症での死亡がニュースになっています。暑くなると体温調節のため汗をかくことで体温上昇を抑えているのですが、水分摂取が追いつかないと脱水状態になり汗もかかなくなります。そのため身体に熱がこもり、高い熱が出たり体調を崩したりします。この状態を熱中症と言い、改善できなければ命を落とすこともあります。特に子供や高齢者は体温調節能力が低いため、危険率が高くなります。暑くて汗をかいた時は水分だけの補給では不十分で、塩分などのミネラルも補う必要があります。飲み物としてはスポーツドリンクがおすすめです。口渇感を自覚した時は脱水状態のサインと受け止め早めに対処することです。脱水気味になる前の対策こそ重要で、暑い時はスポーツや作業をしないことです。プールや入浴など汗をかいても自覚しにくい環境でも要注意です。入浴前後には充分な水分摂取を心がけましょう。不整脈、高血圧、糖尿病、脂質異常症等、血管が詰まる病気(脳梗塞、心筋梗塞)の危険因子を持っている人は、特段の注意が必要です。脱水になると血液が濃縮され血管が詰まりやすい状態に拍車がかかってしまうからです。クーラーやエアコンは身体に悪いとしてその使用を控えている高齢者をよく見かけますが、体温調節機能が低下している高齢者ほど大いに利用すべきです。また、子供を車の中に寝かせたまま、車を離れるということは、たとえ短時間であっても絶対してはなりません。日差しの強い時の車中の温度上昇は予想以上に早く高温になるのが知られています。ペットボトルやスプレー缶が破裂してしまう例も報告されているほどの車内環境になっている中に、人間だけでなくペット等も含め生き物を置いていくことなど、許されない事です。

 夏場は代謝が活発になり疲労も蓄積し易くなります。充分な栄養と休養をとるよう意識しましょう。また夏の外出はなるべく涼しい時間帯をねらい、日傘や帽子を使用し、充分な水分を摂取するなど安全を第一に考えましょう。屋内外でのスポーツや作業も同様に配慮しましょう。顔が赤くなり、ホテリ感があり、熱が出て頭がもうろうとしてきた時は急いで医療機関を受診しましょう。暑さを甘く見ないで快適にこの夏を乗り切るためにも…。
(北秋田市 平成27年6月26日掲載)
印刷に関するご案内
ご案内
広告に関するお問い合わせ
お問い合わせ
購読のお申し込み
購読お申し込み
掲載写真のご購入
ご購入お申し込み
後援のお申し込み
資料請求
記事・写真等2次使用について
資料請求
株式会社 北鹿新聞社

〒017-0895
秋田県大館市字長倉79
TEL.0186-49-1255(総務課)
FAX.0186-43-3065(総務課)
 
*日刊新聞発行および一般印刷*
TOPへ戻る